2007年09月18日

YUI「My Generation」

My Generation/Understand
My Generation/Understand
posted with amazlet on 07.09.17
YUI northa+
ソニーミュージックエンタテインメント (2007/06/13)
売り上げランキング: 9484


<自由のために振り切るのは、他人からの束縛ではなく自らの弱さ>

 ドラマ「生徒諸君!」主題歌のこの楽曲は、高校を舞台にしたドラマのストーリーに沿い、YUI自身が高校を中退したときのことを振り返って作ったのだそうです。『制服 脱ぎ捨てた 16のアタシに/負けたくはないから』というフレーズに表れているように、当時の自分の決意を思い返し、今もその気持ちを胸に進んでいこうとする内容になっています。

 16歳の「あたし」は、『邪魔なんてされたくない』と思い、『うしろ指 さされたって/振り向いたりしなかった』。他人にどう思われようとも、自分を貫き通す、自由に生きていきたいと願い、行動していった、その様が描かれています。
 ただ、思い切った行動を選び取ってはいたものの、その当時は見えなかったこと、わからなかったこともいろいろあったようで。今現在、改めて振り返る視点からは、「こうだったんだ」という新しい考え方がところどころに出てきています。当時は『言葉に出来ないだけなのに』とあるように、自分の苦しみやもがきを今よりも把握できてはいなかった。他人とは違う一歩を踏み出しながらも、『描いた夢を信じきれない弱さにただ支配されてた』とも思い返しているのですね。

 戸惑いつつのスタートだったにせよ、「今」の自分からは、後悔の気配はありません。弱くて信じきれなかった「夢」は『強く信じきれたときから変わる』と、強く言い放っています。
 選んだ道は間違っていなかった、直接そう言ってはいません。ただ、まだ道半ばではあるものの、少なくとも現時点ではそう思っていることが、なんとなくわかる内容になっているのですね。在りし日のまだまだ未熟だった自分への懐かしさと愛しさ、その中で前へと進んだ強さ、そしてその決断が実を結んでいること、そしてこれからもさらに進んでいく意志が、それぞれに別の感動を呼び起こす構造になっているなあと。


 さて、ここからは楽曲単体ではなく比較する形で見ていくことにしましょう。続きを読む


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。