2007年09月12日

DREAMS COME TRUE「きみにしか聞こえない」

きみにしか聞こえない
DREAMS COME TRUE 吉田美和 中村正人
ユニバーサルJ (2007/06/13)
売り上げランキング: 12147


<想いを伝える「声」は、真摯なままに拡散していく>

 小説「Calling You」の映画版、「きみにしか聞こえない」主題歌。タイトルからもわかるように、映画のために作られた曲のようですね。

 タイトルにもなっているフレーズ「きみにしか聞こえない」声は、『きみの名前』を呼ぶ声です。「呼ぶ」ということは、『声を上げて 泣くことも』その他いろいろなことを教えてくれた「きみ」は、今は離れた場所にいるということですね。そして、『呼び続けている』のは、きっとまだ「きみ」のことが愛しくて忘れられないからなのでしょう。

 ただし、気をつけたいのは、この「声」は決して「君」だけへのものではない、ということです。
 『きみにしか聞こえない この声は今でも』とあるように、現時点では「この声」は「きみ」だけへ向けられた、他の人には届かない声です。でも、その後では、『この声がこれから/誰かに届いたら ねぇ見ていてね 繋がるように』とも言っています。今は「きみの名前」を呼ぶ「きみにしか聞こえない」声ですが、他の誰かに届く可能性も考えているわけです。

 つまり、この「声」は、「きみ」だけを想い愛する気持ち、ではないのです。もっと広い、誰か人を愛しいと感じる気持ち、くらいの意味合いではないかなと想像することができます。
 心が震えるような気持ち。名前を繰り返し叫んでしまいたくなる気持ち。そんな気持ちが「声」になって「きみ」に届いたからこそ、『誰かを思う/すごく大切なことを』知ることはなかった。そして、「きみ」を思い、離れた今もまだ気持ちは「きみ」から動いていない。でもいつか、誰かに届く日が来るかもしれない…というのが、詞の大まかな流れと考えていいと思います。続きを読む


posted by はじ at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(た行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。