2007年06月26日

コブクロ「蕾」

蕾 (通常盤)
蕾 (通常盤)
posted with amazlet on 07.06.26
コブクロ 小渕健太郎
ワーナーミュージック・ジャパン (2007/03/21)
売り上げランキング: 424


<印象深さを与えるための、音と言葉の工夫とは>

 ドラマ主題歌採用はこれで4作連続となるらしい、コブクロのミディアムバラード。もはや盛り上げ役として確固とした信頼を得ているようです。
 それもそのはずで、彼らの生み出す楽曲はどれも、真摯な感情を込めようとする詞にドラマティックなメロディラインが合わさり、さらにハモリも加わって、とにかく感動を増幅させるたえに心血が注がれている感があるのですね。

 彼らのメロディラインの特性については「ここにしか咲かない花」「君という名の翼」の際にいろいろと述べました。平たく言えば、前者は「曲のピークが持続する」後者は「山が何度も何度もやってくる」という形式になっていまして。そして、どちらにせよポイントは「盛り上がり」を印象付ける、ドラマティックに聴かせるメロディラインに作られているということです。

 今回もそれは同様。特に目立つのは、「フレーズの引き伸ばし」ですね。
 わかりやすいところで、小節数を数えてみましょう。一般的な楽曲では、4小節くらいを単位にして、8小節や16小節でメロやサビのひとまとまりができていることが多いわけです。それぞれのパートの繋ぎで増えたりすることもありますし、可変ではありますが。
 「蕾」の場合、Aメロこそ8小節ですが、Bメロは10小節。これは主に、次のサビへのつなぎの部分、『きっと きっと きっと わかっていたはずなのに』でひと盛り上げがあるためです。まず「きっと」をハイトーンで3回繰り返してから、いったんメロディは下に戻り、そして再度上がっていって伸ばし…と、サビ直前でしっかりと展開の足場を固めまくっているわけですね。
 そしてサビ、こちらは12小節です。5〜6小節めでひとつピークがあって、そのまま8小節でもまとめられそうなのですが、そうではないんですね。9〜11小節めでは、『上手に乗せて 笑って見せた あなたを思い出す』と同じ型の上昇音型が3回繰り返し。…で、さらにおまけ、最後12小節めで『一人』がつく、と。
 その後の伸ばし2小節ぶんも、コードの完結を考えると含めたほうがいいんでしょうか。そうすると、8小節でも終われそうなところを実に14小節やっている、という形になります。

 まあ、こうした饒舌なメロディラインはもちろん何もコブクロに限ったことではなく、誰でもやっていることです(ヒップホップとかだと、トラックをループさせる関係でほとんどないんじゃないかと思いますけど、それはまた別の話)
 ただ彼らの場合は、かなり意識して取り入れているように感じるんですよね。分析してみるとやたら過剰で冗長に思えるんですけど、聴いているとそうは感じないわけで。それはメロディラインにはっきりした起伏をつけていたり、ハモリの部分とソロとを使い分けたりといった部分を工夫しているからなのかなー、と感じるのです。


 さて、次は歌詞を見ていきましょう。続きを読む


posted by はじ at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー男性(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。